コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田兵部 つだ ひょうぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田兵部 つだ-ひょうぶ

1609-1695 江戸時代前期の治水家。
慶長14年生まれ。伊豆(いず)田方(たがた)郡南江間村(静岡県伊豆長岡町)の名主。北江間村の名主石井清兵衛とともに狩野(かの)川からの用水路開削を計画。単身江戸にでて3年がかりで幕府直営工事の許可をえた。承応(じょうおう)4年江間堰(せき)が完成した。元禄(げんろく)8年死去。87歳。名は重定。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田兵部の関連キーワード安保理決議1695と1718カンファイスカンプハイス桃林堂蝶麿アルノーポール・ロアイヤル運動オシロイバナ新聞カブラル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android