津田恒実(読み)ツダツネミ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津田恒実

つだ・つねみ 1960年、山口県出身。82年、11勝6敗で新人王。86年に抑え役に転向し、リーグ優勝に貢献。89年は12勝28セーブで最優秀救援投手に輝いた。91年に脳しゅようが判明し、同年限りで引退。93年に32歳で死去した。2012年、野球殿堂入り。

(2015-07-28 朝日新聞 朝刊 広島1・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田恒実 つだ-つねみ

1960-1993 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。
昭和35年8月1日生まれ。投手,右投げ右打ち。協和発酵をへて,昭和57年ドラフト1位で広島カープに入団。同年11勝をあげ新人王。その後,血行障害に悩まされ登板が減ったが,61年抑えに転向して22セーブをあげてカムバック賞を受賞。平成元年12勝28セーブで最優秀救援投手。武器は速球で「炎のストッパー」とよばれた。3年水頭症のため引退。通算成績は49勝41敗90セーブ。平成5年7月20日脳腫瘍で死去。32歳。24年野球殿堂入り。山口県出身。南陽工卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津田恒実の関連情報