コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田正生 つだ まさなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田正生 つだ-まさなり

1776-1852 江戸時代後期の地誌家。
安永5年4月生まれ。生家は尾張(おわり)(愛知県)の造り酒屋。恩田仲任,鈴木朖(あきら)にまなぶ。31歳のとき「尾張地名考」の執筆にとりかかり,文化13年完成させた。嘉永(かえい)5年10月21日死去。77歳。通称は神助。号は六合庵。著作はほかに「眼前教近道」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田正生の関連キーワードブンゼンアメリカ史チュルゴー蕪村ノット(速さの単位)ペリー(Matthew Calbraith Perry)ゴローブニン上田秋成ゴローニングアテマラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android