コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田淳三 つだ じゅんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田淳三 つだ-じゅんぞう

1824-1879 江戸後期-明治時代の医師。
文政7年生まれ。緒方洪庵の適塾でまなび塾頭となる。郷里の加賀金沢にもどり金沢藩主の侍医,藩医学館教師をつとめる。のち石川県立金沢病院主務医。西洋医学書の訳述書「脈論」をあらわした。明治12年10月18日死去。56歳。本姓は長屋。名は淳。字(あざな)は正秋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田淳三の関連キーワードルイ浅田育輝ビルマ戦争ブッシェルビルマ戦争ゴヤ(年譜)林家正蔵小西新右衛門(10代)児童雑誌レオ13世

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone