コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適塾 テキジュク

百科事典マイペディアの解説

適塾【てきじゅく】

正式には適々斎塾(てきてきさいじゅく)という。1838年緒方洪庵(おがたこうあん)(号適々斎)が大坂瓦(かわら)町で医業を営むかたわら開いた家塾。1843年過書(かしょ)町(今の大阪市中央区北浜3丁目)に移った。
→関連項目大阪大学私塾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てきじゅく【適塾】

幕末の蘭医緒方洪庵の家塾。正式には適々斎塾といい,洪庵の号によったもの。1838年(天保9)洪庵は大坂の瓦町で医業を営むとともに,私塾を経営して子弟の教育にあたった。まもなく門人がふえて手ぜまになったので,43年に過書町に移った。瓦町の塾に比べると規模が大きく,140坪もあり,1階の奥は洪庵の家族の住居にあてられ,2階の全部と1階の一部が塾生に開放された。洪庵は62年(文久2)に江戸に移るまで約20年ここに住んだが,この間の門人数は600名余りで,出身地はほぼ全国に及んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てきじゅく【適塾】

1838年、緒方洪庵が大坂に開いた蘭学塾。大村益次郎・福沢諭吉・橋本左内など幕末から明治にかけて活躍した人材を輩出した。緒方塾。適々斎塾。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

適塾
てきじゅく

適々斎塾」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

適塾
てきじゅく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の適塾の言及

【大阪大学】より

…大阪府吹田市に本部をおく旧制帝大系の国立総合大学。起源は緒方洪庵の適塾にさかのぼるが,直接の前身は1880年設立の府立大阪医学校。大阪府立高等医学校,府立大阪医科大学と発展し,1919年最初の公立大学たる大阪医科大学となり,学部,予科に付属病院をおいた。…

【緒方洪庵】より

…塾は45年に過書町(現,大阪市中央区北浜3丁目。この建物は現存し史跡・重要文化財)に移るが,適塾(適々塾,適々斎塾)と称し,各地から入門者があり,姓名録に記名のあるのが612人,実際にはそれよりかなり多数の者がいたとされ,厳しさのなかに独特の教育が行われた。塾からは,大村益次郎,福沢諭吉,佐野常民,橋本左内,大鳥圭介,長与専斎,高松凌雲,池田謙斎らを輩出した。…

※「適塾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

適塾の関連キーワード福沢諭吉(1835〜1901年)大阪府大阪市中央区北浜ドゥーフ・ハルマ藤野恒三郎太田美農里大村益次郎渡辺卯三郎広瀬 仁紀谷川美登里岡野松三郎広瀬仁紀長瀬時衡山井竹村高峰譲吉福沢諭吉石井謙道所郁太郎若山儀一松下元芳守屋庸庵

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

適塾の関連情報