コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽凧

デジタル大辞泉プラスの解説

津軽凧

青森県の郷土玩具江戸時代藩士内職として製造が始まったとされる伝統凧。凧の骨には薄く削ったヒバ材を用いる。ねぷた祭りの山車を思わせる武者絵が描かれることが多い。県の伝統工芸品に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽凧[人形・玩具]
つがるだこ

東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。竹ではなく津軽特産のヒバで骨組みをつくった凧。ぶんぶんと唸りをあげる柾板を取り付けるため「ぶんぶ」とも呼ばれる。凧絵には、三国志水滸伝などを題材とした武者絵が多い。太く力強い墨線と赤を基調とした鮮やかな色彩は、ねぷた絵にも似ている。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

津軽凧の関連キーワード日本のおもな郷土玩具東北地方弘前市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津軽凧の関連情報