コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽寧親 つがる やすちか

2件 の用語解説(津軽寧親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津軽寧親 つがる-やすちか

1765-1833 江戸時代後期の大名。
明和2年1月17日生まれ。黒石津軽家津軽著高(あきたか)の長男。宗家津軽信明(のぶあきら)の養子となり,寛政3年陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽家9代。新田開発,藩校稽古(けいこ)館の設立などを推進したが,蝦夷地(えぞち)(北海道)警備などが藩財政を圧迫し,文化10年藤田民次郎らの一揆(いっき)がおこった。天保(てんぽう)4年6月14日死去。69歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津軽寧親

没年:天保4.6.14(1833.7.30)
生年:明和2.1.17(1765.3.8)
江戸後期の大名。弘前藩(青森県)9代藩主。分家の黒石津軽家著高の子,母は黒田直純の娘。江戸生まれ。8代藩主津軽信明の養子となる。寛政3(1791)年襲封。信明の代より進めていた寛政の改革を推進し,廃田復興と新田開発を実施した。7年には国元に藩校稽古館を,9年には江戸に弘道館を設立して藩士に学問を奨励した。蝦夷地警備の出兵を幕府からたびたび命じられ,その功により文化2(1805)年に7万石,5年には10万石に高直りした。刑法の整備にも努めたが,蝦夷地警備に関する財政の支出増大と高直りにともなう経費の増加のため,財政が逼迫し,10年弘前藩最大の一揆,民次郎一揆が勃発。また,津軽氏の高直りに不満を持つ南部藩士が,文政4(1821)年,寧親を襲撃しようとした事件(相馬大作事件)も起こった。江戸で死去。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津軽寧親の関連キーワード今村朴元佐藤正行大道寺隼人津軽親足津軽承保津軽信明津軽信枚津軽順承戸沢惟顕一町田朝行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone