コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活貧党 かっぴんとう

大辞林 第三版の解説

かっぴんとう【活貧党】

朝鮮王朝末期の1899年から1904年にかけて、朝鮮中南部で活動した農民の武装集団。食糧輸出や外国人への利権供与に反対し、土地再分配などを要求した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かっぴんとう【活貧党】

李朝末期の朝鮮中・南部で活動した農民の武装集団。甲午農民戦争(1894)や乙未義兵闘争(1895)ののち侵略と生活破綻がいっそう深刻化する状況のもと,全国各地で火賊,東匪,南学などと呼ばれる農民集団の武力闘争が展開されたが,それらの一つが活貧党である。1899年ごろ忠清道地方に出現し,1904年ごろまで中部および南部朝鮮の各地に出没した。悪法の廃止,外国商人の活動厳禁など救国安民の綱領をかかげ,姦悪な官吏をこらしめ,富民の財産を没収して貧民に分配するなどの活動を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の活貧党の言及

【洪吉童伝】より

…洪吉童は名門洪判書の子として生まれながら,庶出のため父を父と呼ぶことさえ許されない。彼は家庭内での賤待と自分を無き者にしようとする陰謀に,家出して盗賊の群れに投じ,〈活貧党〉の首領となる。神出鬼没の幻術を駆使して貪官汚吏や寺刹の財宝を奪い,八道を横行する。…

※「活貧党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

活貧党の関連キーワード朝鮮独立運動洪吉童伝外国人