洪吉童伝(読み)こうきつどうでん

世界大百科事典 第2版の解説

こうきつどうでん【洪吉童伝】

朝鮮,李朝ハングル小説。作者許筠(きよいん)。洪吉童は名門洪判書の子として生まれながら,庶出のため父を父と呼ぶことさえ許されない。彼は家庭内での賤待と自分を無き者にしようとする陰謀に,家出して盗賊の群れに投じ,〈活貧党〉の首領となる。神出鬼没幻術を駆使して貪官汚吏や寺刹の財宝を奪い,八道を横行する。しかし累が父に及ぶや,理想郷を海外に求め,島国を建設してみずから国王となる。古来《水滸伝》の模作がうんぬんされてきたが,《水滸後伝》との類似も見のがせない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洪吉童伝
こうきつどうでん / ホンギルトンジョン

17世紀初頭の朝鮮の小説。作者は許(きょいん)。庶子差別など当時の社会の不合理や矛盾を批判し、のち謀反の罪で処刑された。『洪吉童伝』はそうした作者の思想を託したもの。大臣の妾腹に生まれた主人公洪吉童は、社会の不公正にがまんできず、「活貧党」という義賊団を組織して世に抗する。道術を駆使して朝鮮全土に神出鬼没、悪徳官吏や地主を懲らしめて財を奪い、それを貧しい民に分け与える。最後は朝廷に妥協して南海の聿(いつ)島に移り、そこに理想国を建てる。『洪吉童伝』はこうした社会に対する批判意識のほかに、ハングルで書かれた最初の小説として、朝鮮文学史上、特異な光を放っている。[田中 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洪吉童伝の言及

【活貧党】より

…悪法の廃止,外国商人の活動厳禁など救国安民の綱領をかかげ,姦悪な官吏をこらしめ,富民の財産を没収して貧民に分配するなどの活動を行った。名称や闘争形態のモデルとなっているのは,17世紀初頭に許筠が著した小説《洪吉童伝》で,その主人公は縮地法・変身法などの術を駆使して悪官をこらしめ,理想社会の建設をめざす。綱領によれば中央の儒生による指導がうかがえるが,内部規律が厳格であったらしく,組織の詳しい実態は知られていない。…

※「洪吉童伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android