コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

派遣切り ハケンギリ

2件 の用語解説(派遣切りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はけん‐ぎり【派遣切り】

企業が経営悪化などを理由に派遣契約を一方的に打ち切り、派遣社員が職を失うこと。派遣先の企業が、派遣元の人材派遣会社と結んだ労働者派遣契約を期間満了前に解除することにより、派遣労働者人材派遣会社から解雇あるいは契約更新を拒否される。
[補説]平成20年(2008)秋に発生した世界金融危機後、日本でも雇用情勢が急激に悪化し、派遣労働者の中途解雇や雇い止めが多発し、大きな社会問題となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

派遣切り
はけんぎり

派遣契約労働者を使用する企業が、派遣元である人材派遣業者と結ぶ契約を打ち切ること。とくに契約期間満了前に打ち切ることをさしていうことが多い。人材派遣業者は通常、派遣先企業を想定したうえで労働者を雇い入れているため、新たに別の派遣先を用意することはむずかしく、結果的に当該労働者の解雇や、契約更新の拒否(雇い止め)をせざるをえない。そのため、派遣切りは労働者にとって事実上の解雇通告に等しいといえる。派遣先企業は工場コストの調整などのために派遣切りをすることが多い。シャープパナソニックなど日本を代表する電機メーカーは1990年代以降、派遣労働者を活用することにより国内生産を維持してきた。しかし韓国・中国メーカーの台頭、業績悪化に伴う経営危機が深刻になるなかで国内生産の維持は困難になり、2008年(平成20)の世界金融危機を境に派遣切りが相次いだ。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

派遣切りの関連キーワード無配転落多角経営派遣労働人材派遣業見込み求人直接雇用登録型派遣西中島駐車場問題自動車会社で働く非正社員戦前の陪審裁判

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

派遣切りの関連情報