コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れ橋 ながればし

1件 の用語解説(流れ橋の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

流れ橋

橋桁を固定せず、洪水の際に流れてしまうことを想定している形式の橋の通称。残された橋脚の上に新たに桁を架けて、簡単に復旧できるのがこの橋の特徴。日本では、京都府八幡市久御山町を結ぶ木津川にかけられた日本最大級の長さの木造橋である上津屋(こうづや)橋(通称「やわた流れ橋」全長約356メートル)が有名。2014年8月9日、木津川の増水で同橋の橋桁は流出。1953年に完成した流れ橋の流出はこれで21回目で、2011年から4年連続で流出している。これを受け、京都府の山田啓二知事は専門家や地元代表による検討委員会で恒久的な橋にする構造見直しも含めて検討する方針を示した。

(2014-8-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流れ橋の関連キーワードドロップイン擬似認知流出誤嚥枯死衝動的ちま・うてしま・う寝落ちちゃつられる

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流れ橋の関連情報