コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れ橋 ながればし

知恵蔵miniの解説

流れ橋

橋桁を固定せず、洪水の際に流れてしまうことを想定している形式の橋の通称。残された橋脚の上に新たに桁を架けて、簡単に復旧できるのがこの橋の特徴。日本では、京都府八幡市久御山町を結ぶ木津川にかけられた日本最大級の長さの木造橋である上津屋(こうづや)橋(通称「やわた流れ橋」全長約356メートル)が有名。2014年8月9日、木津川の増水で同橋の橋桁流出。1953年に完成した流れ橋の流出はこれで21回目で、2011年から4年連続で流出している。これを受け、京都府の山田啓二知事は専門家や地元代表による検討委員会で恒久的な橋にする構造見直しも含めて検討する方針を示した。

(2014-8-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

流れ橋の関連キーワード京都府久世郡久御山町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流れ橋の関連情報