増水(読み)ぞうすい

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう‐すい【増水】

〘名〙
① 水が増加すること。水かさがふえること。また、その水。ましみず。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉大正八年夏の世相「利根川が少し増水すると橋が落ちて」

まし‐みず ‥みづ【増水】

〘名〙 水が増すこと。川や池などの水量が、急に多くなること。また、その水。でみず。ぞうすい。
※蜻蛉(974頃)中「ましみづのましてほどふる物ならばおなじぬまにもおひもたちなむ」

まさり‐みず ‥みづ【増水】

〘名〙 降雨などで、川・池などの水かさが増すこと。また、その水。
※俳諧・太祇句選(1772‐77)後篇「五月雨や夜半に貝吹くまさり水」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の増水の言及

【雑炊】より

…飯に野菜,魚貝類,肉類などを加えて出汁で煮,みそやしょうゆで味をつけたもの。多量の水を加えるところから増水とも書き,ダイコンの干葉(ひば)などを米の増量材として加えることも多かった。古く〈みそうず〉といい,女房詞(にようぼうことば)では〈おみそう〉〈おじや〉といった。…

※「増水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android