コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流動性ジレンマ りゅうどうせいジレンマ liquidity dilemma

2件 の用語解説(流動性ジレンマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流動性ジレンマ
りゅうどうせいジレンマ
liquidity dilemma

1958年にエール大学の R.トリフィン教授が創唱した考え方で,金為替本位制度下においては,基軸通貨国の通貨による国際流動性の増加とその通貨への信認とは両立しにくいことをいう。トリフィンは国際流動性が基軸通貨国の赤字によって供給される場合,金が流出し,その国の通貨に対する信認が低下する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうどうせい‐ジレンマ〔リウドウセイ‐〕【流動性ジレンマ】

流動性のジレンマ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の流動性ジレンマの言及

【IMF】より

…この構成メンバーである10ヵ国(G‐10)は,その後の通貨制度改革や国際金融上の重要事項決定につき随時会合し(10ヵ国蔵相会議),大きな役割をもつに至った。
[変動相場制への移行とIMF]
 さて,国際流動性の主要供給源としては戦後一貫して米ドルの増加に頼ってきたが,そのためにはアメリカの国際収支が赤字にならなければならず,一方,アメリカの赤字はいっそう米ドルの信認を低下させるという〈流動性ジレンマ〉が生ずる。そこで米ドルの流出によらず無条件流動性創出を可能とする補完的新準備資産の必要性が論ぜられ,新たにSDR(特別引出権)の創出が67年に決定された。…

※「流動性ジレンマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

流動性ジレンマの関連キーワードエール大学グリフィンマニエールトリフィンのジレンマボンボニエール849 マリニエールメリフィールド,R.B.ウエートリフティングシューズ国際ウエートリフティング連盟日本ウエートリフティング協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone