コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貿易金融 ぼうえききんゆうforreign trade finance

5件 の用語解説(貿易金融の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貿易金融
ぼうえききんゆう
forreign trade finance

輸出入を円滑に行うために必要な資金の融資。 (1) 貿易金融の第1は為替の売買に伴う金融であり,輸出為替金融と輸入為替金融とに分れる。前者は銀行が輸出業者の依頼により輸出為替を買取った場合,手形代金の債権が取立てられるまでに相当時間がかかるので,その間銀行が買主の債務を肩代りしていることをいう。一方後者は期限付手形の振出しを許容することによって手形金支払いを猶予し,輸入者に対して金融が行われることをいう。これをユーザンス金融という。 (2) その第2は輸出入者に直接的に行う金融であり,輸出業者に対して行われる輸出前貸金融,さらにそれ以前に行われる生産出荷資金がそれにあたる。一方,輸入手形の決済用資金を融通する輸入決済手形制度,輸入貨物の需要者に対して貨物の引取りのために行われる輸入引取資金金融もこれに属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうえききんゆう【貿易金融】

外国貿易を行うために必要な資金の融通ないし信用の供与をいう。狭義に解すると,外国為替の売買とこれに直接関連する金融,すなわち輸出の場合は買為替および輸出前貸金融など,輸入の場合はユーザンス金融(〈ユーザンス〉の項参照)をいう。広義には貿易に関連するすべての金融を意味し,現在日本では後者を指す。日本の例で貿易金融を輸出金融と輸入金融に大別して概説する。(1)輸出金融とは,貨物の輸出に関しその生産・出荷から海外の輸入業者によって輸出代金が支払われるまでに必要な金融で,貨物の船積み前の金融と船積み後の金融に分かれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貿易金融
ぼうえききんゆう
trade finance

輸出および輸入などの貿易を行うのに必要な資金の融通、あるいは信用供与をいう。貿易金融には狭義と広義とがあり、前者では為替(かわせ)銀行による輸出手形の買取り(輸出金融)とユーザンス金融(輸入金融)とが代表的である。後者は狭義の貿易金融に付随したすべての金融をさしている。第二次世界大戦前には、貿易金融といえば狭義のそれにほぼ限られていたが、戦後は貿易に関連するすべての金融を意味するほどその内容が拡大されている。
 貿易金融には、取引される商品の仕入れから販売に至る段階に応じ、また貿易の売買契約条件により種々の形態がある。〔1〕シッパーズ・ユーザンス 輸出商が直接に輸入商に信用を与えるもので、国内の掛売り・掛買いに相当する。〔2〕輸出前貸し 輸出商品の生産・集荷から船積み後、輸入商により代金が決済されるまでの間、輸入商あてに振り出された手形を担保として輸出商が銀行から前貸しを受けることをいう。〔3〕買(かい)為替 現在ではもっとも一般的な貿易金融の方法である。輸出商は商品輸出と同時に輸出手形を振り出し、それを為替銀行に買い取ってもらえば、輸入商が代金を決済するまでの期間の金利を控除した代金を為替銀行から入手できる(手形割引に相当)。〔4〕輸入商の銀行による輸入金融 輸入手形の決済のために銀行が資金を融通するのが普通である。これらのほかに、輸入商が輸出商に対し輸入代金の一部を前払いする形の金融もある。[土屋六郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貿易金融の関連情報