コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄円 じょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄円 じょうえん

1791-1850 江戸時代後期の僧。
寛政3年生まれ。丹波幾見(きみ)村(京都府有岡町)の曹洞宗(そうとうしゅう)清絃寺で出家。諸国行脚(あんぎゃ)中,土佐(高知県)でみつけた早稲(わせ)をもちかえり,試作に成功。稲は「有岡坊」「新助坊」の名で近隣にもひろがった。嘉永(かえい)3年死去。60歳。俗姓は四方。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浄円の関連キーワードお梅の方(2)御成敗式目足利 浄円お由利の方真田 増丸慧海(1)徳川吉宗寿成門院島津忠雅斎藤長定足利浄円花岡大学山腰天鏡平維盛正為澄円盤察

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄円の関連情報