コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄慈寺 じょうじじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

じょうじじ【浄慈寺】

中国の浙江(せっこう)省の省都、杭州(こうしゅう)(ハンチョウ)の南屏山の麓にある、五代時代の954年、呉越王が建てた寺。永明大師のために建立され、当初は「恵日永明院」と名づけられたが、南宋時代に「浄慈禅寺」と改名された。清時代に鐘楼(しょうろう)を焼失したが、1985年に永平寺の僧侶たちにより再建された。境内からは西湖を望め、その景観は南屏晩鐘と呼ばれて、西湖十景の一つに数えられる。晩鐘が響く夕方は、鐘の音と茜色に染まる西湖の美しさが相まって、最高の景観になるといわれる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

浄慈寺の関連キーワード浄慈寺(じょうじじ)杭州西湖の文化的景観浄慈寺(じんずじ)ハンチョウ楚石梵琦清拙正澄天童如浄虚堂智愚黙庵霊淵約翁徳検無関普門滝田融智用章延俊石帆惟衍省都五山玉澗

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android