茜色(読み)あかねいろ

色名がわかる辞典の解説

あかねいろ【茜色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こい」としている。一般に、やや黄色みを帯た暗い赤色をさす。アカネ科アカネの根から採った染料の染色で、アカネは人類最古の植物染料の一つとされる。日本のアカネから採取した染料は堅牢けんろう性が高く、古くはよろいさねをつづる糸の染料に用いられた。また「茜色の空」と形容されるように、真っ赤な夕焼け空のイメージとして定着している。一方、夜明けの空を彩る朝焼け空の色はあけぼのという。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかねいろ【茜色】

アカネの根で染めた色。わずかに黄みを帯びた沈んだ赤色。暗赤色。 「西空が-に染まる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あかね‐いろ【茜色】

〘名〙 草の根で染めた色。やや黄みを帯び、沈んだ赤色。あかね。
※詠歌大概(13C前)「桜さく遠山鳥のしだり尾のながながし日もあかね色哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android