浄瑠璃狂言(読み)ジョウルリキョウゲン

  • じょうるりきょうげん ジャウルリキャウゲン
  • じょうるりきょうげん〔ジヤウルリキヤウゲン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 浄瑠璃節に合わせて演じられる人形芝居。また、浄瑠璃の脚本。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)四「今度桂川を流し長持の噂を、浄瑠璃狂言に取組仕る事かたく曲事のよし」
② 人形浄瑠璃を歌舞伎狂言になおしたもの。丸本物(まるほんもの)
※滑稽本・役者妙々後の正夢(1833)下「新狂言といふ事などけっしてなく、只上(ゼウ)るり狂言のみしてゐる事となれり」
③ 常磐津・清元などの浄瑠璃を地にして演ずる歌舞伎所作事。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android