コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄飯王 じょうぼんのうSuddhodana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄飯王
じょうぼんのう
Suddhodana

ゴータマ・ブッダの実父で,古代インドのシャカ族の王。彼はカピラバストウという小都市を首都とするシャカ族の長であった。当時シャカ族は共和制をしいていたと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうぼんのう【浄飯王】

Śuddhodana〕 釈迦の父。中インド迦毘羅衛かびらえ国の王。白浄王。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の浄飯王の言及

【釈迦】より

…仏教の開祖。釈迦はサンスクリット語のシャーキャムニŚākyamuniの音訳,釈迦牟尼(むに)(〈釈迦族の聖者〉)の略。釈尊(しやくそん)は釈迦牟尼世尊(せそん)(尊称)の略。釈迦は歴史的実在の人物であり,その人種的帰属(モンゴル系かアーリヤ系か)や死没年(前483年,前383年など,南方仏教圏では前543年)は学問上の問題として論じられている(釈迦が80歳で死去したことは定説とされる)。 インド・ネパール国境沿いの小国カピラバストゥKapilavastuを支配していた釈迦(シャーキャ)族の王シュッドーダナŚuddhodana(浄飯(じようぼん)王)とその妃マーヤーMāyā(麻耶)の子としてルンビニー園で生まれた。…

※「浄飯王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浄飯王の関連キーワードゴータマ・ブッダ摩耶夫人藍毘尼園釈迦牟尼かびら摩耶釈迦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android