摩耶(読み)マヤ

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] (Māyā の音訳) ゴータマ=シッタルタ(釈尊)の生母。コーリヤ族の執政官の長女で、カピラバストゥの浄飯王(じょうぼんおう)の王妃。釈尊を生んで七日目に没し、忉利天(とうりてん)に生まれたと伝えられる。摩耶夫人(まやぶにん)。仏母(ぶつも)。前四八三年頃没。
[二] 「まやさん(摩耶山)」の略。
※俳諧・猿蓑(1691)五「乗出して肱に余る春の駒〈去来〉 摩耶が高根に雲のかかれる〈野水〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の摩耶の言及

【釈迦】より

… 釈迦の生涯は下天,託胎(たくたい),誕生,出家,降魔,成道(じようどう),転法輪(てんぽうりん),涅槃の8段階に区分され,〈八相成道〉と呼ばれる(《天台四教儀》)。兜率天から人間界に下り,白象に乗って摩耶夫人の胎内に宿り,その脇の下から生まれるや〈天上天下唯我独尊〉と唱え,生の苦悩にめざめて出家・苦行し,悪魔の妨害を退け,ついに悟りの境地に達し,教団を組織して人々にその教えを説き,80歳の生涯を閉じる。それ自体劇的な一代記であり,これに本生譚(ジャータカ)と呼ばれる前世時のさまざまな物語や滅後の舎利分納,仏典結集や阿難,目連など弟子たちをめぐる逸話が付随する。…

※「摩耶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摩耶の関連情報