コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅利慶太 あさり けいた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅利慶太 あさり-けいた

1933- 昭和後期-平成時代の演出家,プロデューサー。
昭和8年3月16日生まれ。慶大在学中の昭和28年日下武史らと劇団四季を結成翌年の初公演「アルデール又は聖女」で演出デビュー。38年日生劇場取締役。58年からのミュージカルキャッツ」がロングランとなる。平成10年長野冬季五輪開会式の総合プロデューサー。15年読売演劇大賞芸術栄誉賞。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

浅利慶太

演出家、プロデューサー。1933年3月16日、東京都生まれ。慶應義塾大学中退後、53年に日下武史らと「劇団四季」を結成。54年の初公演で演出家としてデビュー。70年代より海外ミュージカルの翻訳上演を開始。76年、芸術選奨文部大臣賞を受賞。83年に劇団四季で初演された「キャッツ」はロングランとなった。劇団の運営・管理に当たる四季株式会社の代表としても活躍、「オペラ座の怪人」「ライオンキング」などのロングランで、劇団四季を年間200億円以上の売り上げを誇る大劇団に育て上げた。85年、イタリアの批評家賞プレミオ・アビアッティ賞を受賞。98年には、長野五輪開会式の総合プロデューサーを務めた。2003年、読売演劇大賞芸術栄誉賞を受賞。14年6月25日、四季株式会社の社長を退任したことが発表された。今後も演出家としての活動は続ける意向。

(2014-6-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅利慶太
あさりけいた

劇団四季」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

浅利慶太の関連キーワード血は立ったまま眠っている総統いまだ死せず日本劇団協議会閑崎 ひで女藤野 節子三田 英児浅利 鶴雄影 万里江水野純交学生演劇藤野節子高橋昌也平幹二朗吉井澄雄安倍寧林康子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅利慶太の関連情報