浅羽氏(読み)あさばうじ

世界大百科事典 第2版の解説

あさばうじ【浅羽氏】

武蔵,遠江の中・近世武家。《吾妻鏡》に遠江浅羽荘司宗信,浅羽三郎,同小三郎行光,五郎行長らがみえる。宗信は遠江国の有力者として源頼朝にくみし1181年(養和1)同荘内柴村および田所職の領有を認められた。浅羽三郎は86年(文治2)遠江守源義定父子と二俣山に狩りをしたことがみえ,国衙在庁関係者と推定される。《武蔵七党系図》では浅羽三郎行親の子として行光,行長があげられており《吾妻鏡》と通称が一致する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅羽氏の関連情報