コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅羽 あさば

2件 の用語解説(浅羽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅羽
あさば

静岡県南西部,袋井市南部の旧町域。遠州灘に面する。 1955年幸浦村,東浅羽村,西浅羽村,上浅羽村の4村が合体して 1956年町制。 2005年袋井市と合体。中世浅羽荘の地で,江戸時代太田川河口の砂州を切り開き,排水の土木工事によって水田地帯を開き,「浅羽一万石」と呼ばれる穀倉地帯をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅羽
あさば

静岡県南西部、磐田(いわた)郡にあった旧町名(浅羽町(ちょう))。現在は袋井(ふくろい)市の南部を占める地域。太田川下流東岸にあり、遠州灘(なだ)に面する。旧浅羽町は、1955年(昭和30)上浅羽、東浅羽、西浅羽、幸浦(さちうら)の4村が合併して浅羽村となり、翌1956年町制施行。2005年(平成17)袋井市と合併。国道150号が通じる。中世の浅羽庄(しょう)の地で、江戸時代には俗に浅羽一万石といわれ、遠江(とおとうみ)(静岡県)中部の穀倉地帯。温室メロン、トマト、中国野菜など施設園芸や養豚も盛んである。しかし最近では住宅地化が進行し、人口増加が著しいが、農業従事者は減少している。秋には、水田地帯の中に8万平方メートルのコスモス畑が出現する。また、浅羽海岸では観光地引網が行われている。万松院にキリシタン灯籠がある。[川崎文昭]
『原田和著『浅羽風土記』(1957・美哉堂) ▽『浅羽町史』全5巻(1996~2000・浅羽町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅羽の関連キーワード袋井静岡県袋井市愛野静岡県袋井市浅名静岡県袋井市久能静岡県袋井市豊沢静岡県袋井市中静岡県袋井市袋井静岡県袋井市静岡県袋井市松袋井静岡県袋井市村松

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅羽の関連情報