コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅羽 あさば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅羽
あさば

静岡県南西部,袋井市南部の旧町域。遠州灘に面する。 1955年幸浦村,東浅羽村,西浅羽村,上浅羽村の4村が合体して 1956年町制。 2005年袋井市と合体。中世浅羽荘の地で,江戸時代太田川河口の砂州を切り開き,排水の土木工事によって水田地帯を開き,「浅羽一万石」と呼ばれる穀倉地帯をつくった。遠州灘沿いの砂丘地では,温室メロン栽培が行なわれる。北東部の小笠山丘陵斜面を利用して茶がつくられている。小笠山周辺に馬伏塚城址,団子塚古墳群などがある。一部は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅羽
あさば

静岡県南西部、磐田(いわた)郡にあった旧町名(浅羽町(ちょう))。現在は袋井(ふくろい)市の南部を占める地域。太田川下流東岸にあり、遠州灘(なだ)に面する。旧浅羽町は、1955年(昭和30)上浅羽、東浅羽、西浅羽、幸浦(さちうら)の4村が合併して浅羽村となり、翌1956年町制施行。2005年(平成17)袋井市と合併。国道150号が通じる。中世の浅羽庄(しょう)の地で、江戸時代には俗に浅羽一万石といわれ、遠江(とおとうみ)(静岡県)中部の穀倉地帯。温室メロン、トマト、中国野菜など施設園芸や養豚も盛んである。しかし最近では住宅地化が進行し、人口増加が著しいが、農業従事者は減少している。秋には、水田地帯の中に8万平方メートルのコスモス畑が出現する。また、浅羽海岸では観光地引網が行われている。万松院にキリシタン灯籠がある。[川崎文昭]
『原田和著『浅羽風土記』(1957・美哉堂) ▽『浅羽町史』全5巻(1996~2000・浅羽町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浅羽の関連キーワード静岡県袋井市浅名静岡県袋井市浅羽[町]袋井(市)静岡(県)加藤景廉中島長守浅羽昌儀浅羽主馬天龍製鋸浅羽氏

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅羽の関連情報