コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅色効果 せんしょくこうか

大辞林 第三版の解説

せんしょくこうか【浅色効果】

発色団に助色団を加えることによって、物質の吸収スペクトルが短波長側にずれるために、色が浅くなる効果。浅色効果を与える原子団を浅色団という。 ↔ 深色効果

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんしょく‐こうか〔‐カウクワ〕【浅色効果】

物質の吸収スペクトルが短波長側にずれる現象。分子構造の変化に伴いスペクトルが移動する。染料にこの効果をもつ分子を用いると、色が浅くなる効果がある。⇔深色効果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

浅色効果

 深色効果の逆で,紫外や可視部の吸収スペクトルで,吸収の極大波長を短波長側に移動させる効果.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の浅色効果の言及

【深色効果】より

…このような分子にCl,NH2,NO2等の置換基(助色団)が導入されたり,また他の不飽和結合が加わったりしてπ電子共役系が大きくなると深色効果が現れる。深色効果と逆にスペクトルを短波長側に移動させる効果を浅色効果hypsochromic effectという。赤方偏移π結合【原田 義也】。…

※「浅色効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浅色効果の関連キーワード発色団