浅見隆三(読み)あさみ りゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅見隆三 あさみ-りゅうぞう

1904-1987 昭和時代の陶芸家。
明治37年9月26日生まれ。昭和4年帝展に初入選,21年,26年日展特選。26年博埴会の結成に参加。39年扁壺(へんこ)「菁」で日展文部大臣賞,42年磁器「爽」および一連の作品で芸術院賞象眼,泥漿(でいしょう)による作品を発表した。昭和62年7月23日死去。82歳。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は柳三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android