コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜出草紙 はまいでそうし

1件 の用語解説(浜出草紙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はまいでそうし【浜出草紙】

御伽草子。渋川版の一。源頼朝は大仏供養を行って右大将に任ぜられ,兵衛司(ひようえづかさ)十人,左衛門司十人の官途を賜った。中に左衛門司を賜った梶原景時は,その位を嫡子源太景季に譲り,大名・小名が集い祝宴が催される。初番,二日目ともに酒肴やらみごとな引出物などを調え,三日目には,江の島詣にことよせて,頼朝公の北の方をはじめ大名の北の方も由比ヶ浜に浜出を企て,船の上に舞台を造り,御賀(おんが)の舞,舞楽など3日にわたり舞い奏で,所領を賜った人々はめでたく所知入りをする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜出草紙の関連キーワード御伽草子福富草子文正草子仮名本千仏供養造仏供養仏供入仏供養『御伽草子』万寿姫(1)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone