コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜降り はまおり

5件 の用語解説(浜降りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜降り
はまおり

磯遊び,磯祭ともいう。旧暦3月から4月にかけて行われ,浜辺で貝を拾い,草餅などを食べて懇親をはかったもので,海浜に神を迎えた伝承を伴うことが多い。奄美や沖縄では旧暦3月3日をハマウリといい,老若が酒肴をたずさえて浜で飲食し,歌い踊り,終日楽しく過す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はま‐おり【浜降り】

祭りに参加する者が海や川などで禊(みそぎ)をすること。
祭りの際、神輿(みこし)を海や川に担ぎ入れること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

浜降り【はまおり】

海辺で(みそぎ)をすること。全国的に祭の際に見られ,神輿(みこし)を水中でもむのをこのように呼ぶ所もある。沖縄では特に厳格で,海辺で3日2晩潔斎謹慎したり,親類縁者が集まって浜辺で酒宴を開き,深夜まで歌い踊って遊ぶ等の習俗が見られた。
→関連項目潮干狩寄神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまおり【浜降り】

海浜や河辺に行ってみそぎをすることをいう。水には一般にいっさいの罪や穢(けがれ)を洗い流す浄化力があると考えられ,とくに塩を含有した潮水は強い浄化力をもつとされた。祭りや神事を前に神官などの祭りの奉仕者が浜降りをしたり,潮水で家の周囲や神棚を清める風習は各地にみられる。宮崎県などでは,祭りの朝に〈はまくだり〉といって,海に行って潮水をくんで家の内外にまいたり,海で拾った石を神社に納めて拝むという。また毎月1日,15日などに潮花(しおばな)汲みとか〈おしおい〉といって潮水をくんで神棚などを清める風もあり,浜降りの略化された形とみられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はまおり【浜降り】

祭りに参加するときや災いが身にふりかかったときなどに、海辺で禊みそぎをすること。
神輿みこしを海辺に渡御とぎよさせること。関東地方の海岸部の神社の祭礼に多くみられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の浜降りの言及

【磯遊び】より

…3月3日の節供の日に,海辺に出て遊ぶ行事。三月節供には,雛祭のほかに,野外に出て飲食する習慣が広く見られ,九州西部の沿岸地方では,この日の海辺での食事を磯遊びといい,大がかりな重詰めの馳走を用意する。琉球諸島でも,浜下りとか,三月遊びとかいって,女たちが重詰めを持って浜へ行き,飲食を楽しむ。それを,蛇の子を身ごもらぬためというのは,海辺での食事が,みそぎであったなごりである。これは,中国伝来の三月節供本来の性格を伝える習俗で,古代中国でも,3月3日には水辺で飲食する習慣があり,やはり,みそぎの行事であったらしい。…

【沖縄[県]】より

…面積=2266.04km2(全国44位)人口(1995)=127万3440人(全国32位)人口密度(1995)=562人/km2(全国10位)市町村(1997.4)=10市16町27村県庁所在地=那覇市(人口=30万1890人)県花=デイゴ 県木=リュウキュウマツ 県鳥=ノグチゲラ日本の最南西に位置し,沖縄島(本島)ほか160の島々からなる島嶼(とうしよ)県で,そのうち40島が有人島,他は無人島である。…

【潮干狩り】より

…都会周辺では日は固定せず,出現した干潟で貝類をとる単なる個人の遊びになっているが,かつて農漁村部では旧暦3月3日に行う所が多く,その場合,貝類をとるとともに,村人がごちそうをつめた重箱持参で海辺に出て,共同飲食することに重きが置かれていた。沖合に船を漕ぎ出して遊び暮らす所もあり,また沖縄地方では浜降り(はまおり)と称して主として女性が浜におりて遊ぶが,これにはかつて蛇の子を宿した女性がこの日海砂を踏んで流産させたことにちなむとする伝承が付随しており,元来潮水で穢をはらう意味の行事だったことをうかがわせる。旧暦3月3日には磯遊びだけでなく,小高い山に登って飲食をともにして遊ぶ山遊びの風も各地にあり,この日が,家から出て外でなんらかの神祭をすべき日であったことを思わせる。…

※「浜降り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜降りの関連情報