浜野覚蔵(読み)はまの かくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜野覚蔵 はまの-かくぞう

?-? 幕末-明治時代の砲術家,洋算家。
浜野定四郎の父。豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩士天文学,測量術,英語などをおさめる。長崎で西洋砲術を研究し,文久元年(1861)砲術方として大砲をつくった。また洋算に精通し,おおくの門人におしえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android