コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦菊 ウラギク

デジタル大辞泉の解説

うら‐ぎく【浦菊】

キク科の越年草。海岸の湿地に生え、高さ約1メートル。茎は直立し、赤みを帯びる。葉は披針(ひしん)形。秋、周囲が紫色で中心が黄色の頭状花を多数つける。実には長い白い毛がある。浜紫苑(はましおん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらぎく【浦菊】

キク科の越年草。海辺の湿地に生える。高さ約1メートル。葉は狭披針形。秋、茎頂付近が分枝し、径約3センチメートルの紫色の頭花を多数開く。ハマシオン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

浦菊 (ウラギク)

学名:Aster tripolium
植物。キク科二年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

浦菊の関連キーワード披針形海辺頭花