コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦辺鎮太郎 うらべしずたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦辺鎮太郎
うらべしずたろう

[生]1909.3.31. 倉敷
[没]1991.6.8. 兵庫
建築家。 1934年京都帝国大学建築学科卒業。倉敷レイヨンを経て,66年浦辺建築事務所を設立。倉敷紡績社長であった大原孫三郎・総一郎父子とともに,故郷倉敷の文化的景観の保存および環境形成に貢献した。倉紡発祥の工場を開発的保存の手法で転用に成功した倉敷アイビー・スクエア (1974) は,その代表作品。ほかに大原美術館分館 (61) ,倉敷国際ホテル (63) ,大仏次郎記念館 (78) ,横浜開港記念資料館 (81) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦辺鎮太郎
うらべしずたろう
(1909―1991)

建築家。岡山県倉敷市に生まれる。京都帝国大学建築学科卒業。倉敷レイヨンに入社、大原孫三郎・総一郎父子の後援を受ける。1962年(昭和37)に倉敷建築研究所(後の浦辺建築事務所)を設立。64年倉敷レイヨン退社。故郷倉敷を中心に多くの設計を手がける。おもな作品としては倉敷国際ホテル(1963)、倉敷市民会館(1972)、倉敷アイビースクエアー(1974)、倉敷市庁舎(1980)、横浜開港記念資料館(1981)などがある。アイビースクエアーは倉敷紡績発祥の煉瓦(れんが)造工場をホテルに改修したもので、その保存再生の手法は高く評価されている。[天田起雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浦辺鎮太郎の関連キーワード誘導尋問牧野省三薄田宙哉公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android