コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原孫三郎 おおはらまごさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大原孫三郎
おおはらまごさぶろう

[生]1880.7.28. 倉敷
[没]1943.1.18.
実業家。倉敷紡績倉敷絹織 (クラレの前身) などの経営者として両社を大きく発展させる一方,労働問題にも強い関心をもち,従業員の待遇改善を実行した。また,高野岩三郎を所長に迎えて大原社会問題研究所 (現法政大学大原社会問題研究所) を設立し,日本の社会問題研究の水準向上に貢献,ほかにも大原農業研究所 (現岡山大学農業生物研究所) ,倉敷労働科学研究所 (現日本労働科学研究所) ,大原美術館を設立するなど,社会・文化事業にも尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおはら‐まごさぶろう〔おほはらまごサブラウ〕【大原孫三郎】

[1880~1943]実業家社会事業家。岡山の生まれ。倉敷紡績などの社長を歴任。社会事業に尽力し、大原社会問題研究所・大原農業研究所・倉敷中央病院・大原美術館などを設立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大原孫三郎【おおはらまごさぶろう】

実業家,社会事業家。岡山県倉敷の人。倉敷紡績(現クラボウ)の創立者孝四郎の次男。東京専門学校(早大の前身)卒業後帰郷して倉敷紡績社長となる。またこの間,岡山のキリスト教社会事業家石井十次に接してキリスト教に入信した。
→関連項目日本民芸館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原孫三郎 おおはら-まごさぶろう

1880-1943 明治-昭和時代前期の実業家,社会事業家。
明治13年7月28日生まれ。大原孝四郎の3男。明治39年倉敷紡績社長となり,のち倉敷絹織(現クラレ)を設立する。大正8年私財を投じて大原社会問題研究所を設立。倉敷労働科学研究所,大原美術館などもつくった。昭和18年1月18日死去。64歳。岡山県出身。
【格言など】企業の儲けは社会に還元しなければならない(信条)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおはらまごさぶろう【大原孫三郎】

1880‐1943(明治13‐昭和18)
実業家,社会事業家。岡山県都窪郡倉敷村(現,倉敷市)で孝四郎の次男に生まれ,敬堂と号した。岡山の閑谷黌(しずたにこう)を経て,1897年東京専門学校(現,早稲田大学)へ進学。在学中足尾銅山の鉱害地を視察して,企業の社会的責任を痛感,中退して郷里へ帰る。帰郷後,石井十次に接してキリスト教に入信した。倉敷を東洋の聖地にすべく育英事業の大原奨学会倉敷教育懇話会の設立など社会事業に奔走した。1904年,家督を継ぎ,06年倉敷紡績の社長として,工場労働者の労働条件の改善や福祉向上に努める一方,倉敷絹織,三豊紡績,日本莚業,倉敷電灯,中国合同水力電気,中国銀行,岡山合同貯蓄銀行,中国信託,京阪電鉄などの社長,取締役に就任して,岡山県産業の振興に尽くし,広く関西財界にも重きをなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおはらまごさぶろう【大原孫三郎】

1880~1943) 実業家。岡山県生まれ。早大卒。倉敷紡績社長。キリスト教的理想主義から社会事業に尽力。大原社会問題研究所・大原農業研究所・大原美術館などを創設した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大原孫三郎
おおはらまごさぶろう
(1880―1943)

企業経営者、社会・文化事業家。岡山県倉敷(くらしき)の大地主の家に生まれる。東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)卒業後、1906年(明治39)父孝四郎(たかしろう)の後を継ぎ倉敷紡績の社長に就任。職工待遇の根本方針を「職工の人格を認めその幸福を増進すること」とし、職工の優遇や教育、厚生施設の充実に力を注いだ。さらに労働問題の真の解決は、科学的研究の成果により労資双方の一致点を発見し、それを経営面に具体化することだと確信し、大原社会問題研究所、倉敷労働科学研究所、大原農業研究所を創設。キリスト教的理想主義に基づく諸事業は、各方面に多大の貢献をした。また大原美術館(倉敷)を設立した。[千本暁子]
『土屋喬雄著『日本経営理念史』(2002・麗沢大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大原孫三郎の言及

【大原社会問題研究所】より

…倉敷紡績社長大原孫三郎によって,1919年(大正8)大阪に設立された民間学術研究所。第1次大戦後米騒動勃発にみられる社会問題の深刻化のなかで,社会を科学的に調査研究するための機関として設立された。…

【大原美術館】より

…岡山県倉敷市にある美術館。日本で最初の西洋美術を展示する美術館として,1930年に実業家大原孫三郎が創設。世界的な視野で収集された展示品は,海外でもつとに知られている。…

【倉敷紡績[株]】より

…初代社長は地元の実業家大原孝四郎。1906‐39年社長をつとめた大原孫三郎は孝四郎の次男。1889年から綿糸生産を開始,93年に倉敷紡績(株)に社名を改めた。…

【労働科学研究所】より

…日本では紡績業の女工の労働条件は明治・大正期から昭和の初頭にかけとくに劣悪で,過労から健康を害するなどの問題が多かった。この合理的解決の基礎を科学的研究に求めようとした大原孫三郎は,彼が設立した大原社会問題研究所暉峻義等(てるおかぎとう)にそのための研究を要請し,1921年医学,心理学を中心とする倉敷労働科学研究所ができ,後に社会科学部門が加えられた。初期の研究には,創立10周年に暉峻による〈婦人労働に関する生物学的見解〉と総括されるものがあるが,当時の工場法改正の必要を婦人労働保護の視点から訴えた。…

※「大原孫三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大原孫三郎の関連キーワード細川嘉六(ほそかわ・かろく、1888~1962)日本民芸館・日本民藝館倉敷紡績[株]クラボウ[株]大原美術館本館近藤 万太郎薬師寺 主計児島 虎次郎児島虎次郎日本民藝館満谷国四郎7月28日浦辺鎮太郎大原れいこ大原孝四郎大原総一郎人間工学原 澄治暉峻義等原澄治

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大原孫三郎の関連情報