浪江虔(読み)なみえ けん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浪江虔 なみえ-けん

1910-1999 昭和時代の農村文化運動家。
明治43年5月21日生まれ。東京帝大在学中に農民運動にはいり,中退。治安維持法違反などで6年間投獄される。昭和14年から東京の鶴川村(町田市)にすみ,南多摩農村図書館(のち私立鶴川図書館)を開設。戦後は地域図書館づくりや住民運動につくした。平成11年1月28日死去。88歳。北海道出身。旧姓板谷著作に「図書館運動五十年」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android