コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮きドック うきドック

3件 の用語解説(浮きドックの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

うきドック【浮きドック】

船を修理するためのドックの一種。鋼鉄製の大きな船台。水を入れて沈め、船を載せたのち、排水して浮き上がらせ、船の修理・改装などを行う。浮き船渠せんきよ。 → 乾ドック

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

浮きドック【うきドック】

船舶の検査・修理のための浮体構造物。陸上の乾ドックに対して海上に浮かぶので浮きドックという。横断面は凹字形で両端は開放され,多数に区画したポンツーンと側壁からなる。
→関連項目ドック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮きドック
うきどっく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浮きドックの言及

【ドック】より

…日本でも古くから木船用の簡易なドックが用いられていたが,江戸時代末期から明治にかけて西洋型の船が導入されるに伴い,石川島造船所,長崎小菅修船所などに近代的ドックが建造された。
[ドックの種類]
 ドックには使用目的によって修理ドック,建造ドック,係留(船)ドックなどがあり,形態により乾ドック,浮きドックの区別がある。(1)乾ドックdry dock 船が出入りできる深さまで掘り込んで,三方を石,またはコンクリートで固め,長さ方向の一方だけ水面に向かって開き,ここに扉を設けている。…

※「浮きドック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浮きドックの関連情報