浮遊天頂儀(読み)ふゆうてんちょうぎ(英語表記)floating zenith telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮遊天頂儀
ふゆうてんちょうぎ
floating zenith telescope

天頂付近で南中する恒星を精密観測する天頂儀据付けの際,水準器で水平を出す不便を避けるため,支持部を水銀槽に浮べ,写真を用いて高精度の観測が行えるようにしたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふゆうてんちょうぎ【浮遊天頂儀 floating zenith‐telescope】

天文緯度観測専用の望遠鏡(図)。1900年にイギリスのクックソンが発明した天頂儀の一種。水準器のかわりに,水銀槽の上に浮かしたフロートに望遠鏡を固定し,子午線を通過する南北1対の星を写真乾板に撮影し,2星間の距離を測定して天文緯度を求める。岩手県水沢市の緯度観測所のものは,口径17.8cm,焦点距離179cmで,1939年から観測を続けている世界唯一の望遠鏡である。【若生 康二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の浮遊天頂儀の言及

【天頂儀】より

…測定はいわゆるタルコット法で,眼視的に行われるので個人差が大きい。望遠鏡を水銀槽に浮かべて写真法を使う浮遊天頂儀もある。【冨田 弘一郎】。…

※「浮遊天頂儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報