コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天頂儀 てんちょうぎzenith telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天頂儀
てんちょうぎ
zenith telescope

天頂付近で南中する恒星を観測してその赤緯を求める観測装置で,子午儀の一変形。角度で 0.01″まで精密にはかれる。精巧な水準器望遠鏡の組合せより成り,また水準器の扱いの繁雑さを省いて精密度を上げるため全体を水銀槽に浮べた浮遊天頂儀もある。この型の場合は眼視観測が困難なので,写真に写してその乾板上で測定する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんちょう‐ぎ〔テンチヤウ‐〕【天頂儀】

天頂2をはさんで南北で子午線を通過する二つの恒星天頂距離の差を測定し、観測地点の緯度を精密に決定するのに用いる望遠鏡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天頂儀【てんちょうぎ】

緯度精密測定用の器械。水平軸で小望遠鏡を支え,架台全体は鉛直軸のまわりに正しく180°回転できる。鉛直方向をきめる精密なタルコット水準器と,接眼部に付けたマイクロメーターが特色で,南中時にほぼ等しい短い天頂距離をはさんで天頂の南北に位置する2星を観測し緯度を求める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんちょうぎ【天頂儀 zenith telescope】

天頂距離がほぼ等しい南北の子午線を通過する二つの恒星の天頂距離の差を測定し,観測地の天文緯度を決定する特殊望遠鏡。望遠鏡の口径は10cm,焦点距離1.5m前後で,接眼部に精密なねじで動く糸線測微尺を備え,0.1秒角が読みとれる。架台には1秒角以下の精密水準器があって,望遠鏡を正しく鉛直軸のまわりに180度反転させる。測定はいわゆるタルコット法で,眼視的に行われるので個人差が大きい。望遠鏡を水銀槽に浮かべて写真法を使う浮遊天頂儀もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんちょうぎ【天頂儀】

天頂を挟んで南北に位置する二星の天頂距離差を測定し、観測点の緯度を求める望遠鏡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天頂儀
てんちょうぎ

地球回転運動の微小な乱れの一つである極運動に起因する緯度変化を観測するための望遠鏡。観測原理の提唱者と望遠鏡の製作者との名前によって、ホレボー‐タルコット法Horrebow-Talcott's method(タルコット法)ともよばれる。岩手県奥州(おうしゅう)市の国立天文台水沢VLBI観測所(旧、緯度観測所)にある眼視天頂儀は、口径108ミリメートル、焦点距離1289ミリメートル、視野の広さは20分角である。天文緯度は、天頂から南北にほぼ等しい角度を数分間隔で通過する1対の星を選び、望遠鏡を反転して南北星の天頂距離差を測微計を用いて測定し、決定する。極運動決定のための国際協力観測である国際緯度観測事業に、1899年(明治32)以来用いられてきたが、1990年代に入って、新しい観測方法が登場したことによって、その歴史的役割を終えた。[横山紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天頂儀の関連キーワードチャンドラー(Seth Carlo Chandler)S.C. チャンドラーシュワルツシルト水沢緯度観測所モリヌークス家チャンドラー実地天文学緯度観測所天文測量平 三郎観測点経緯儀平三郎ロス二星

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android