コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上幕僚監部 カイジョウバクリョウカンブ

1件 の用語解説(海上幕僚監部の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいじょう‐ばくりょうかんぶ〔カイジヤウバクレウカンブ〕【海上幕僚監部】

防衛省に置かれ、防衛大臣に直属する機関の一。幕僚長の統率のもとに、海上自衛隊の、防衛・教育訓練・装備・人事などに関する計画の立案、部隊の管理・運営などを行う。→幕僚監部

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の海上幕僚監部の言及

【海上自衛隊】より


[編成]
 1997年9月現在,人員約5万人,作戦用艦艇約150隻,作戦用航空機約200機などを保有し,これらの艦艇,航空機は,自衛艦隊,五つの地方隊などに配備されている。 海上自衛隊は,海上幕僚監部ならびに海上幕僚長の監督を受ける部隊および機関から成っている。海上幕僚監部は,海上自衛隊の隊務に関する防衛庁長官の幕僚機関である。…

※「海上幕僚監部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海上幕僚監部の関連情報