コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海事史料叢書 かいじしりょうそうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海事史料叢書
かいじしりょうそうしょ

住田正一編。 20冊。 1929年刊。近世初期から明治初期にわたって,海事関係の文書,記録を収めている。廻船式目,渡唐船法度条々などの法令類,問屋船宿仲買掛合一件・小渡海舟一件などの一件書類,御銀船記録・諸国貢米請取渡規則などの経済・流通史料のほか,航海日記,南蛮船風聞など内容は多彩である。第 20巻の末尾に総目録と総索引を付している。巖松堂より刊行。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいじしりょうそうしょ【海事史料叢書】

おもに近世の海事史料を収めた叢書。住田正一の編集で,1929‐34年に刊行。1970年に復刻版刊行。全20巻。《廻船式目》などの海法,菱垣・樽両廻船の諸規定・諸記録,《廻船安乗録》など航海関係,《増補日本汐路之記》など航路,三島流水軍,《帆船造作寸法書》など造船関係,城米輸送関係,蒸気船関係など多方面の史料を収録している。詳細な解題のほか総目録・総索引がある。【渡辺 信夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

海事史料叢書の関連キーワード元和航海記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android