コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海岸了義 かいがん りょうぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海岸了義 かいがん-りょうぎ

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都大徳寺の宗峰妙超に師事してその法をつぐ。摂津妙観寺(兵庫県)を創建。建武(けんむ)年間(1334-38)京都にもどり,のち近江(おうみ)(滋賀県)興禅寺にはいる。妙超の命により使者として南朝の朝廷におもむく途中,北朝方に殺された。阿波(あわ)(徳島県)出身。俗姓海部

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

海岸了義の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android