コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底活断層 かいていかつだんそうsubmarine active fault

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底活断層
かいていかつだんそう
submarine active fault

最近の地質時代 (一般には第四紀の間) に繰り返し活動し,将来も活動が予想される海底の断層。これまで海底活断層を認識することは難しいとされてきたが,潜水艇の活躍により現場を目視できるようになり,マルチチャンネル音波探査による詳細な海底地質構造の解析により判定が可能になった。日本周辺の海底で活断層が密に分布している所は,東北日本の日本海沿岸海域,日本海溝の斜面や,西南日本の南海トラフ大陸斜面などである。この海域ではいずれも巨大地震が多く発生している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海底活断層の関連情報