コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海林檎 ウミリンゴ

2件 の用語解説(海林檎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うみ‐りんご【海林×檎】

古生代オルドビス紀からデボン紀にかけて繁栄したウミリンゴ綱の棘皮(きょくひ)動物の総称。球形・卵形をし、短い柄で海底に付着。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うみりんご【海林檎】

〔果物のリンゴに似ているところから〕
化石としてのみ発見されるウミリンゴ綱の海産棘皮動物の総称。オルドビス紀から二畳紀にかけて繁栄した。球形・卵形で一端に短い柄があり、これで岩などに付着する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone