海老名南阿弥(読み)えびな なあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老名南阿弥 えびな-なあみ

?-1381 南北朝時代の謡作曲者。
足利義満につかえる。観阿弥(かんあみ)を義満にひきあわせ,能が発展する機会をつくった。「東国下(とうごくくだり)」「地獄」の曲舞(くせまい)を作曲したことで知られる。遁世(とんせい)した関東武士の海老名六郎左衛門ともいわれる。その伝は不詳。永徳元=弘和(こうわ)元年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android