コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦役黄冊 ふえきこうさつfu-yi huang-ce; fu-i huang-ts`ê

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賦役黄冊
ふえきこうさつ
fu-yi huang-ce; fu-i huang-ts`ê

中国,代の戸籍簿で,租税台帳をも兼ねた。洪武 14 (1381) 年里甲制の施行と同時に全国的に作成された。甲制の里を単位としてつくられ,各戸の家族数,田土家屋,租税額などを記したもの。各里でつくられたものは州県ごとにまとめられ,最終的には中央の戸部で保管された。表紙に黄色紙を用いたので黄冊とも呼ばれ,また同時に田賦や力役割当ての原簿ともされたので,賦役黄冊の名がついた。 10年ごとに改作され,明朝が滅亡するまで計 27回行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふえき‐こうさつ〔‐クワウサツ〕【賦役黄冊】

中国、代の租税台帳兼戸籍台帳。1381年、洪武帝朱元璋)によって全国的に作成され、以降10年ごとに改訂された。黄冊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

賦役黄冊【ふえきこうさつ】

中国,明代の戸籍兼租税台帳。単に黄冊とも。1381年に里甲制が全国的に施行されると,その実施基準として戸籍の作成を命じた。里甲制における最小の行政単位である里で里長・甲長がその作成にあたり,各戸の正丁(成人男子)の数を記入し,里冊の冊首には全体の戸口・税糧が記載された。
→関連項目洪武帝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふえきこうさつ【賦役黄冊 Fù yì huáng cè】

中国,明代の戸籍簿,同時に租税台帳を兼ねた。単に黄冊ということも多い。1370年(洪武3)明朝は元末の戦乱によって乱れた戸籍を整理するため,農民に戸帖を配布し,それに郷里,人丁数,姓名年齢などを記入させ戸籍の作成に着手した。こうしたことを基礎に81年にいたり全国いっせいに賦役黄冊の作成が命ぜられた。そしてこの黄冊作成の単位として編成されたのが里甲制である。黄冊には里を単位として各戸の家族の氏名,年齢,田土,家屋などが記入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふえきこうさつ【賦役黄冊】

中国、明代の戸籍簿。租税台帳を兼ねる。1381年洪武帝期、里甲制の実施に際し全国に作らせ、10年ごとに改編。表紙の色からの名。黄冊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賦役黄冊
ふえきこうさつ

中国、明(みん)代の戸籍台帳で租税台帳をも兼ねたもの。戸部へ送られた台帳の表紙に黄色い紙が用いられたので黄冊ともいわれる。1381年、明の初代皇帝洪武(こうぶ)帝(朱元璋(しゅげんしょう))は黄冊の編纂(へんさん)を全国に命じた。以後、戸籍、田土などの移動に応じてほぼ10年ごとに改編されたが、明の中期以降はしだいに実状にあわない形式的なものとなった。黄冊は里甲(りこう)ごとにつくられ、里長、甲首がその事務にあたった。戸ごとに丁口(ていこう)、田土、財産、税糧などを記入し、同一の戸で他の里に田土を所有する場合にも黄冊中に記入された。里で作成された台帳は、州県、府、布政司ごとにまとめられ、戸部へ送られ、戸部では全国から集められた黄冊をもととして全国冊を作成した。黄冊は戸籍であるとともに、田賦や徭役(ようえき)を割り当てるための原簿としてつくられたものであり、各戸の田土の所有関係も黄冊を通じて確認された。黄冊が戸を単位として作成されたのに対し、魚鱗図冊(ぎょりんずさつ)は一筆ごとの土地を単位として作成された。[鶴見尚弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の賦役黄冊の言及

【洪武帝】より

… ところで洪武帝の独裁体制の最も重要な基礎となったのは農民支配の強化であった。その方法として彼は81年,全国一斉に魚鱗図冊(土地台帳)と賦役黄冊(ふえきこうさつ)(戸籍資産台帳)を作成させた。とくに賦役黄冊は人民各戸の土地所有額,労働人口の変動などを記録したもので,以後10年ごとに改編され,明一代を通じて租税・力役課税の基本資料となった。…

【戸籍】より

… 宋代には五等丁産簿の類が重視され,主戸と客戸の別が明記され続けたが,元代には戸の種類が多様化し類別された戸計が作られた。明代には10年ごとに110戸の里甲を通じて賦役黄冊が作られ,全国から都に申報された黄冊が南京の後湖の倉に百数十万冊積貯されるに至った。清初になると5年ごとに黄冊を作ったが,地丁併徴により必要性を減じ乾隆年間(1736‐95)に廃止して,保甲による戸口簿を編するにとどまった。…

※「賦役黄冊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賦役黄冊の関連キーワード明の時代(年表)盛世滋生人丁改編

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android