コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海舶互市新令 かいはくごししんれい

1件 の用語解説(海舶互市新令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海舶互市新令
かいはくごししんれい

正徳新令』ともいう。正徳5 (1715) 年正月,新井白石長崎奉行大岡清相の協力で起草し,江戸幕府が施行した長崎貿易改正令。すべて 23ヵ条あり,貞享2 (1685) 年以降,中国船,オランダ船が輸入商品の対価として輸出する金・銅の海外流出を防止しようとする幕府の政策を強化して,中国船には1年の入港数 30隻,商額を銀高 6000貫 (うち銅 300万斤) とし,来航船主には信牌 (しんぱい) を発給し,オランダ船には1年の入港数2隻,商額を銀高 3400貫 (うち銅 50万斤) としたほか,取引方法を入札によらず総割符 (そうわっぷ) 方式の値組に改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海舶互市新令の関連キーワード正徳新令海舶互市新例正徳金銀正徳新例新令遠山友将堀親賢松平重休信牌松若

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone