コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信牌 しんぱい

世界大百科事典 第2版の解説

しんぱい【信牌】

江戸幕府発行の貿易許可証明書。長崎通商照票ともいう。いわゆる正徳新例(海舶互市新例)で定めた唐船の年度の貿易総銀額,船数を維持するため1715年(正徳5)から唐通事に作成させ,長崎に来航する唐船頭(一船を代表する有力商人)に与えた。鳥子大高檀紙(とりのこおおたかだんし)に受領者名・起帆地・貿易銀額のほか,信牌を持参しない者には貿易を許さぬこと,貿易規制に違反した者には信牌を与えぬことなどを明記した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

信牌の関連キーワード海舶互市新令玉名(市)通事/通詞村上義礼石川忠房

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android