信牌(読み)しんぱい

世界大百科事典 第2版の解説

しんぱい【信牌】

江戸幕府発行の貿易許可証明書。長崎通商照票ともいう。いわゆる正徳新例(海舶互市新例)で定めた唐船の年度の貿易総銀額,船数を維持するため1715年(正徳5)から唐通事に作成させ,長崎に来航する唐船頭(一船を代表する有力商人)に与えた。鳥子大高檀紙(とりのこおおたかだんし)に受領者名・起帆地・貿易銀額のほか,信牌を持参しない者には貿易を許さぬこと,貿易規制に違反した者には信牌を与えぬことなどを明記した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android