コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海野美盛(2代) うんの よしもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海野美盛(2代) うんの-よしもり

1864-1919 明治-大正時代の彫金家。
元治(げんじ)元年11月生まれ。初代海野美盛の弟子である父海野盛寿(もりとし)に彫金を,酒井道一,河鍋(かわなべ)暁斎らに絵をまなぶ。明治27年シカゴ博覧会で銅賞。31年東京美術学校(現東京芸大)教授。2代美盛を名のった。大正8年9月22日死去。56歳。江戸出身。本名は子之吉。代表作に「流鏑馬(やぶさめ)銀製置物」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

海野美盛(2代)の関連キーワード大正時代元治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android