酒井道一(読み)さかい どういつ

美術人名辞典の解説

酒井道一

日本画家。東京生。本名は山本箕之助、道一は通称及び号、雨華庵顕真・光阿と称する。日本画家、山本素堂の次男。幼少より父並びに鈴木其一琳派を学び、酒井鷺一の養子となり、雨華庵四世を継ぐ。日本美術協会・帝国絵画協会会員。大正2年(1913)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井道一 さかい-どういつ

1846*-1913 明治時代の日本画家。
弘化(こうか)2年12月21日生まれ。山本素堂の次男。鈴木其一(きいつ)に琳派(りんぱ)の画法をまなぶ。酒井抱一(ほういつ)の画風に傾倒し,酒井鶯一(おういつ)の養子となり,雨華庵4代をついだ。日本美術協会,帝国絵画協会の会員。大正2年2月11日死去。69歳。江戸出身。名は顕真。号は光阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android