コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井道一 さかい どういつ

2件 の用語解説(酒井道一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

酒井道一

日本画家。東京生。本名は山本箕之助、道一は通称及び号、雨華庵顕真・光阿と称する。日本画家、山本素堂の次男。幼少より父並びに鈴木其一に琳派を学び、酒井鷺一の養子となり、雨華庵四世を継ぐ。日本美術協会・帝国絵画協会会員。大正2年(1913)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井道一 さかい-どういつ

1846*-1913 明治時代の日本画家。
弘化(こうか)2年12月21日生まれ。山本素堂の次男。鈴木其一(きいつ)に琳派(りんぱ)の画法をまなぶ。酒井抱一(ほういつ)の画風に傾倒し,酒井鶯一(おういつ)の養子となり,雨華庵4代をついだ。日本美術協会,帝国絵画協会の会員。大正2年2月11日死去。69歳。江戸出身。名は顕真。号は光阿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

酒井道一の関連キーワード望月金鳳住吉広賢中野其玉山田文厚石田遊汀(2)尾崎雪濤馬杉青琴三宅英斎村瀬双石吉村島

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酒井道一の関連情報