涅槃西風(読み)ネハンニシ

精選版 日本国語大辞典の解説

ねはん‐にし【涅槃西風】

〘名〙 =ねはんにしかぜ(涅槃西風)《季・春》
※枴童句集(1934)〈清原枴童〉春「自転車に括られ鶏や涅槃西風」

ねはん‐にしかぜ【涅槃西風】

〘名〙 陰暦二月一五日の涅槃会の前後に吹く風。涅槃嵐。ねはんにし。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の涅槃西風の言及

【風】より

…冬の卓越風は地方によって風向が異なり,北東風,北風,西風などさまざまである。 涅槃西風(ねはんにし)陰暦2月15日の涅槃会(釈迦入滅の日の法会)のころに吹く北西季節風のなごり。〈彼岸西風(ひがんにし)〉〈彼岸荒れ〉などと同じ。…

※「涅槃西風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android