コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費者行動モデル しょうひしゃこうどうモデル consumer behavior model

2件 の用語解説(消費者行動モデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費者行動モデル
しょうひしゃこうどうモデル
consumer behavior model

消費者行動をモデル化して,一定の環境変化や条件を与えると市場がどう反応するかを予測する手段。ただ,消費者行動は多様で,予測には困難を伴う。電通は「関係消費の時代」として現代の家族のモデルを大きく4つに分類し「家族や周辺の人々との関係改善・強化に役立つ物やサービスが売れる時代」だと分析している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

消費者行動モデル

消費者行動に関する諸概念間の関係を言語、図式、数式などを用いて示したもの。具体的には、製品・サービスの選択のための情報探索から購買まで、あるいは、その後の消費・廃棄までの一般的な過程を、その背後にある理論や消費者行動の規定要因との関連で示したものが中心となる。購買までの意思決定過程を包括的に取り扱おうとするものには、ハワード=シェス・モデルに代表されるような刺激‐生体‐反応型モデルやベットマン・モデルに代表される消費者情報処理モデルがある。他方、情報探索(例:考慮集合モデル)、評価(例:多属性態度モデル)、購買(例:マルコフ・モデル)、購買後(例:満足モデル)など特定の意思決定段階を扱うモデルも多く存在している。さらに、買い物場所の選択を扱うモデル(例:ハフ・モデル)や新製品の採用や普及に関するモデル(例:ロジャースの新製品普及過程モデル)などもある。いずれのモデルも消費者行動を説明したり、所与の条件下における消費者の行動を予測するために用いられる。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消費者行動モデルの関連キーワード消費者自己責任心理言語学消費者教育推進法日本消費経済新聞消費者保護会議食行動日本消費者協会消費者行政の一元化消費者庁設置関連法案消費者行動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消費者行動モデルの関連情報