コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消防研究センター ショウボウケンキュウセンター

2件 の用語解説(消防研究センターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうぼうけんきゅう‐センター〔セウバウケンキウ‐〕【消防研究センター】

火災原因究明のための調査・試験や消防資機材の開発など、消防の科学技術に関する研究開発を総合的に行う、総務省消防庁の研究機関。昭和23年(1948)に創設された消防研究所の後継組織として、平成18年(2006)に消防大学校に設置された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消防研究センター
しょうぼうけんきゅうせんたー

消防や防災に関する研究・開発を行う研究機関。英語名称はNational Research Institute of Fire and Disasterで、略称NRIFD。総務省消防庁消防大学校に所属する。1948年(昭和23)、国家消防庁の内局として設置された消防研究所に始まる。1960年、自治省発足に伴い自治省消防庁の附属機関に改組された。2001年(平成13)1月、省庁再編により総務省消防庁の所属となり、同年4月、独立行政法人制度の発足により独立行政法人消防研究所となった。2006年からは消防大学校の所属となり、現在の名称に変更した。所在地東京都調布市深大寺東町。
 所管する事業は、(1)消防・防災に関する研究・開発、(2)火災や危険物流出事故の原因調査とその支援、(3)大規模・特殊災害発生時の専門家集団としての消防活動支援、(4)消防技術・研究に関する普及活動、などである。2013年3月末時点の職員数は26人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消防研究センターの関連キーワード消防法消防ポンプ立入検査模擬試験事故調の経過報告失明の原因検視と死因究明原発事故調査・検証委員会火災警報器原因究明裁決

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消防研究センターの関連情報