涌島古代子(読み)わくしま こよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

涌島古代子 わくしま-こよこ

1897-1935 大正-昭和時代前期の小説家。
明治30年生まれ。鳥取技芸女学校中退後,大正4年山陰日日新聞の記者となる。10年「大阪朝日新聞」懸賞小説に「諦観」が2等入選。ジャーナリストの涌島義博と結婚し,13年上京。「大阪朝日新聞」に「煙草」を連載するなど活躍したが,昭和7年帰郷。昭和10年死去。39歳。鳥取県出身。本名はコヨ。筆名は北浦みほ子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android