涌島古代子(読み)わくしま こよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

涌島古代子 わくしま-こよこ

1897-1935 大正-昭和時代前期の小説家。
明治30年生まれ。鳥取技芸女学校中退後,大正4年山陰日日新聞の記者となる。10年「大阪朝日新聞」懸賞小説に「諦観」が2等入選。ジャーナリストの涌島義博と結婚し,13年上京。「大阪朝日新聞」に「煙草」を連載するなど活躍したが,昭和7年帰郷。昭和10年死去。39歳。鳥取県出身。本名はコヨ。筆名は北浦みほ子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android